後発薬買うなら処方or通販?

どちらを選ぶ?

バイアグラのジェネリック医薬品は国内の製薬会社からも製造・販売されており、泌尿器科やEDの専門クリニックを受診すれば処方してもらうことができます。

東和製薬やキッセイ薬品、陽進堂といったメーカーが販売を行っているので、バイアグラでは費用負担が大きすぎるなぁという場合には希望すれば処方してくれます。

医師と顔を合わせて相談できれ、気になっている症状について解説してもらえますし、個々に適した薬を処方してもらえます。
処方薬で重篤な副作用が出た場合には公的な救済措置を受けることができるので、安全面や安心感といった点で通院してジェネリックを処方してもらうメリットは大きいといえるでしょう。

それなら通販でカマグラゴールドを買わなくてもいいんじゃ…??という声が聞こえてきそうです。
わざわざ外国からカマグラゴールドを個人輸入するメリットは、一体どこにあるのでしょうか。

一番はコストパフォーマンスです。
同じバイアグラのジェネリックでも、処方薬の販売価格は50mg1錠で1000円前後が相場。しかしカマグラゴールドの通販価格の相場は、50mg1錠368〜457円。
出費が半分に抑えられるというのは、継続的に服用していくうえでは大きな魅力です。
たとえば、処方薬を週4回・1ヵ月服用したら16000円かかりますが、カマグラゴールドなら同じ頻度で6400円でOK。
「自信を持ってセックスを楽しみたいけど、財布の負担は減らしたい」という願望をクリアしてくれるのがカマグラゴールドなのです。

さらに通販のイイところは、100mg錠が流通していること。
国産は25mgか50mgのみなので、体格の大きな人や肥満気味の人など、従来の薬では物足りなかったという場合は100mgを試してみるといいでしょう。